低汚染塗料の魅力を語ります。

低汚染塗料

外壁やトタン屋根のリフォーム塗装の際には、これまでは色を付けるだけのシリコン塗料が主流となっていました。ところが近年、様々な機能性を持った多機能塗料と呼ばれる塗料が市場に出回るようになりました。中でも低汚染塗料は、その塗料自体にセルフクリーニング機能が備わっているので、わざわざ洗浄掃除をしなくてもキレイな状態を保つことができるといいます。ここでは、そんな低汚染塗料の魅力についてご紹介いたします。

低汚染塗料とは

塗料のセルフクリーニング機能

従来であれば塗料の役割といえば、色彩効果や防錆効果というのがほとんどでした。ところが近年、それ以外の機能も発揮するような塗料が開発されるようになりました。それが、低汚染塗料と呼ばれるものです。この塗料の名前からも判断できるように、この塗料を塗れば塗った部分の汚染度が低下するのです。

いわば、この低汚染塗料自体にセルフクリーニング機能が備わっているということでしょうね。もっと具体的にいうと外壁などにこの低汚染塗料を塗っておくと、わざわざ定期的に外壁の水洗いなどをしなくても常に綺麗な状態を保つことができるということです。

汚れが付着しにくい理由

通常の塗料には、顔料の中に酸化チタンという成分が含まれています。ところがこの酸化チタンは、太陽の紫外線を浴びると塗膜の樹脂を破壊してしまいます。それによって塗膜の劣化が進んでしまうのです。一方低汚染塗料には、シロキサンなどの強化剤が含まれているために劣化もしにくいのです。

また遮熱塗料と呼ばれるものもありますが、塗装面の表面が汚れると熱が吸収されてしまい遮熱効果が低下します。それに対して低汚染塗料は、親水性もあるので汚れが付いても雨水で洗い流されてしまいます。それから静電気を帯びると汚れも付着しやすいのですが、静電気を溜めにくいという性質もあるので汚れが付きににくいのです。

低汚染塗料のメリットと種類

低汚染塗料のメリット

住居の外壁というのは、常に直射日光や風雨にさらされています。とりわけ雨が降ると、外壁の汚れが雨水と一緒に流されて雨スジを作ってしまいます。ところが、低汚染塗料を塗った外壁はこうした雨スジができなくなるのです。

また外壁は、雨スジだけでなくカビや藻のような汚れもよく付着してしまいます。その点に対しても低汚染塗料の場合、防カビや防藻効果のある成分が含まれているので心配要りません。その上、フッ素塗料並みの耐久性があるので、約12年から15年程度はメンテナンスもする必要なくなります。

低汚染塗料の種類

低汚染塗料と一口にいっても、現在ではその開発も随分と進んでおり様々なメーカーが販売しています。例えば、アステックペイントの超低汚染リファイン・エスケー化研のクリーンマイルドと水性クリーンタイト・日本ペイントのファインシリコンフレッシュ・関西ペイントのアレスアクアシリコン・TOTOのハイドロテクトカラーコート等々です。

こうした各メーカーの低汚染塗料それぞれに特徴があります。従って、どれが一番優れているとは一概に断言できません。強いて挙げるとすれば、アステックペイントの超低汚染リファインは、太陽光ではなくて空気中の水分で汚れが分解されるので、太陽光の当たりにくい場所でも効果が期待できます。

低汚染塗料を使用する時の注意点

雨が当たりにくい場所は注意

一般的な低汚染塗料の特徴として、雨で汚れが洗い流されるという点が挙げられます。こうした特徴というのは、言い換えれば雨が当たらなければ汚れが落ちないということにもなります。

そのため雨が当たりにくい場所に使用した場合には、定期的に水をかけるなどをしながら汚れを落とす必要があります。ただし、メーカーによっては空気中の水分で親水性が発揮される低汚染塗料もあるので、そうした使い分けをするというのも大切です。

塗装の技術力に左右される

低汚染塗料は、通常の塗料とは違ってより高価な上に技術力も必要となってきます。よくあるのが、外壁材と塗料との相性の問題です。外壁材の中には、塗装ができないというケースもあります。さらには塗装技術が低ければ、どんなによい塗料を使っても効果が半減してしまいます。

そういう意味では、お父さんが休日を利用して日曜大工のような感覚で塗装をしても効果が期待できないということが想定されます。おまけに高価な塗料なので、実績や信頼性の高い塗装屋さんに塗装依頼をされるのが望ましいといえます。

まとめ

低汚染塗料の魅力についてご紹介しました。こうした先進技術が投入された塗料というのは、従来の塗料よりも高価かもしれませんが、長い目で見れば洗浄や塗り替えの頻度が減るのでそれが何よりも有り難いですね。

こちらの記事もどうぞ→DIYリフォームの基礎知識